【祝】北陸新幹線開業:北陸へお得に行こう!

 2014年3月14日、北陸新幹線長野〜金沢間が開業します。近くなった北陸金沢・富山へ旅してみませんか?
 JR東日本では「えきねっと」によるトクだ値きっぷ、JR西日本では「JRおでかけネット」によるe5489の販売が行われます。まとめたのが以下の通りとなります。

設定列車  JR東日本・西日本が指定した列車。
(ほぼ全ての列車)

JR東日本発行:「えきねっとトクだ値」「モバイルSuica」
えきねっとトクだ値

 ・ かがやき号では東京〜大宮駅と富山〜金沢駅相互発着での普通車指定席で設定あり。割引率は10%

 ・ はくたか号では東京〜大宮駅と飯山〜金沢駅間相互着発、および長野と糸魚川〜金沢駅間相互着発で設定あり。割引率は10%。

 ・ 「えきねっとトクだ値」切符の予約は乗車日当日の午前1時40分まで。受取りはJR東日本の駅のほか、2014年3月14日から北陸新幹線の停車駅及び北陸線の福井・芦原温泉・加賀温泉・小松・和倉温泉の各駅で「えきねっと」で予約した新幹線のきっぷが受取れるようになる。

 ・ 利用には「えきねっと」会員登録が必要で支払いはクレジットカード払いになるが年会費無料。

【!】飯山〜金沢駅間を着発する切符に「お先にトクだ値」の設定は無し。
 
 (トクだ値のみの設定となります。東京〜長野間内では「お先にトクだ値」の設定が残ります。)


モバイルSuica

 ・ スーパーモバイルSuica特急券(スーパーモバ特)は、一部のかがやき号・はくたか号の普通車に設定。料金は東京〜富山間で10,780円、金沢までで12,030円でJR東西が設定する割引乗車券の中で最もお得である


 ・ モバイルSuica特急券(モバ特)は、全てのかがやき号・はくたか号・つるぎ号の普通車・グリーン車・グランクラスに設定。JR西日本管内のみの利用でも設定があり割引適用される。(例:金沢〜富山、普通車のみ520円引き)

【※】モバイルSuicaは東京都区内など特定都区市内制度は適用されません。
 ※モバイルSuica利用には、対応携帯情報端末とアプリケーションのダウンロードが必要の他、会員登録の上、支払いはクレジットカードのみとなる。年会費はビューカード決済の場合は無料、その他のカードでは年1,030円必要となる。
 
JR西日本発行:e5489(いいごよやく)
● JR西日本は「eきっぷ」、「WEB早特1」、「e早特1」の3種類を設定。

 ・「WEB早特1」はJ-WEST会員(年会費無料)になる必要がある。クレジットカードは各社利用可能。
 ・「eきっぷ」「e早特1」はJR西日本のクレジットカード「J-WESTカード」会員になる必要がある。(入会に審査及び年会費が必要)

● 
「e早特1」はJR東日本の「えきねっとトクだ値」きっぷよりもさらに安い。東京〜金沢で14.1%引き。

● 「eきっぷ」はJR東日本管内で完結する区間においても発売あり(例:東京〜上野、指定席は520円引き、自由席は100円引き)。割引設定無しの区間もあるが、グリーン車・グランクラスでも最大200円の割引あり。
 ※「eきっぷ」は特急券で、別途乗車券が必要。

 eきっぷを除き予約は前日23時まで(eきっぷは当日発車6分前までOK)。受け取りはJR西日本の各駅の他、3月14日からJR東日本東京都区内駅でも受け取りが可能に。


発売料金(通常期)
区間 正規料金 JR東日本 JR西日本
トクだ値 モバイルSuica WEB早特1 eきっぷ e早特1
東京〜金沢 14,120円 12,700円
(-1,420円)
12,030円
(-2,090円)
12,700円 13,480円 12,130円
(-1,990円)
東京〜富山 12,730円 11,450円
(-1,280円)
10,780円
(-1,950円)
11,450円 12,090円 10,880円
(-1,850円)

 北陸には観光地や富山地鉄・黒部渓谷鉄道など「鐵旅」も十分楽しめる他、2015年4月29日からはのと鉄道に「のと里山里海号」が走り出します。週末・連休は北陸を楽しんではいかがでしょうか?

リンク集
 JR東日本えきねっと:
  http://www.eki-net.com/
  http://www.jreast.co.jp/press/2014/20141224.pdf
 (プレスリリース「北陸新幹線開業に伴うおトクなきっぷの設定および2015 年3月ダイヤ改正に伴うおトクなきっぷの見直しについて」)

 JR西日本おでかけねっと:
  http://www.jr-odekake.net/
  http://www.jr-odekake.net/goyoyaku/news/e5489-hokuriku/


 余談ですが、東京〜北陸で戦々恐々としているのが航空会社。2014年12月時点で日本航空(JAL)の東京羽田〜小松間が普通運賃24,890円、前日まで割引が効く特便割引1が16,690円、先得割引で最安9,800円となっている。
 また北陸新幹線に完全に勝負に出る全日空(ANA)は東京羽田〜小松、富山で普通運賃24,890円、前日まで割引が効く特割Cで東京〜富山が11,000円、 最安が8,900円(旅割75)となっています。

※全日空プレスリリース
 「東京(羽田)=富山・小松・能登線、2015年3月搭乗分 各種運賃の一部変更を届出」
 http://www.ana.co.jp/pr/14_1012/14-091.html

 また、航空券と宿泊代がセットになったダイナミックパッケージ(JAL)や旅作(ANA)では正規割引料金以下で飛行機が乗れるプランもあり、東京〜北陸の競争が激化しそうです。
 

戻る
 2014年12月更新
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO