817系
Series 817


長崎車。鳥栖にて


旧大分車(現、熊本車)。大分にて 撮影:すぎさん


直方車。博多にて


3000番台南福岡車。博多にて

 車両に貼られたCT(Commuter Train 817)ロゴ。所属区ごとに色が違う。写真は南福岡車。  車内。写真は1000番台
 2000、3000番台を除き、座席はすべてクロスシート。  2000、3000番台の座席は全てロングシート。

 福北ゆたか線(筑豊線)電化に合わせて、2001年に営業運転を開始した。当時は福北ゆたか線と長崎線、佐世保線で運行されていたが、現在では鹿児島線をはじめ各地で運行されており、JR九州の主力列車となっている。座席が後期車を除き本革を採用しているほか、途中より行き先幕の大型化、車体の色(塗装)、ヨーダンパの有無など製造時期や番台によって細かい違いが多くある。また所属区ごとに側面に貼られたCTロゴの色が変わる。
 2012年にはv114編成がリチウムイオン電池を搭載し、非電化区間の日田彦山線を走った。愛称は、Dual Energy Charge Train(DENCHA)。

主要諸元
編成 1M1T2連、1M2T3連
主要制御装置 VVVFインバーター制御(1C4M/東芝、日立製IGBT)
主電動機出力 150kW
最高速度
120km/h
運用線区
鹿児島線、福北ゆたか線、長崎線、佐世保線、
日豊線、日南線、宮崎空港線
製造初年度 2001年(平成13年)
所属区

直方車両センター
長崎車両センター
南福岡電車区
熊本車両センター
鹿児島車両センター

※●の色は、CTロゴの色。


戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO