285系
Series 285


▲14両で東京へサンライズ号
横浜にて

 1998年7月に営業運転を開始した285系。老朽化や時代に合わなくなった客車寝台列車の置き換えとして、プライバシー保護などを考慮した個室をメインとした寝台特急電車として東京〜四国高松、出雲市を毎日一往復している。車内デザインは住宅メーカーに設計を依頼しているほか、車体デザインも夜明けをイメージしたベージュ地をメインに赤と金線を配色している。
 車両は2階建てを基本としているが、電動車(3・5号車)は通常の平屋構造となっている。基本的に寝台券が必要ではあるが、指定席特急券で二段式カーペットで横になれるノビノビ座席が一両あるほか、ミニラウンジやシャワー室が設置されているなど最低限の設備は完備されている。食堂車や車内販売はない。
 現在列車は5編成導入されており、車両の整備はJR東海車を含め後藤総合車両所出雲支所で一括整備されている。

主要諸元
編成 2M5T7連
主要制御装置 VVVFインバーター制御(1C4M/東芝・三菱製IGBT)
主電動機出力 220kW
最高速度 130km/h
運用線区 寝台特急サンライズ瀬戸(東京〜高松・松山)
 東海道線・山陽線・瀬戸大橋線・予讃線
寝台特急サンライズ出雲(東京〜出雲市)
 東海道線・山陽線・伯備線・山陰線

(過去)
臨時寝台特急サンライズゆめ(東京〜下関)
 東海道線・山陽線
製造初年度 1997年(平成9年)
所属区 JR西日本後藤総合車両所出雲支所(米トウ)
JR東海大垣電車区(海カキ)

戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO