京浜急行

2000形

▲4連の普通列車
生麦にて(撮影:しみしゅん)

 快特に使われていた旧600形の置き換え用として登場したオールクロスシートの快特専用車両.車内はドア間に集団見合い形で固定クロスシートが並ぶ独特の座席配置.現在は後継の2100形の登場により3扉化とドア間のロングシート化が行われている.

主要諸元

編成 6M2T 8連 3M1T 4連 
主要制御装置 界磁チョッパ制御(1C12M)
主電動機出力 120kW
最高速度 120km/h
運用・用途 京急線
快特から普通車まで幅広く運用
製造初年度 1982年度(昭和57年度)
所属区 車両管理区
新町検車区
金沢検車区

写真館へ戻る.

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO