7000系
series 7000

▲コルゲート車体

▲ビードプレス車体


▲フルカラーLED車。
桜上水にて

 京王7000系は1984年に営業運転を開始した。デビュー当初は先頭FRPは銀色が塗られており帯も赤線一本のみであったが、その後FRPはクリーム色が塗られ、2002年頃より現行の京王レッドに京王ブルーが追加となっている。近年リニューアル工事が行われており、VVVF制御化、方向幕のフルカラーLED化、車内内装工事、車内表示器(LED/LCD)の取り付けなどが行われている。
 当初5両編成であったが、その後組成変更もあり、2両編成から10両編成まである。車体もコルゲートとビードプレスの2種類が存在する。
 一部ワンマン運転にも対応しており、京王本線系統のほぼ全線で運用している。

主要諸元
編成 1M1T2連
2M2T4連
4M2T6連(現在は全て4連と組み10両固定となっている)
4M4T8連
5M5T10連(含む4+6連)
主要制御装置 界磁チョッパ制御
→改造後、現在は全車VVVFインバーター制御(1C4M/日立IGBT)
主電動機出力 150KW
最高速度
110km/h
運用線区
京王本線系統
製造初年度 1984年(昭和59年)

戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO