10000系
series 10000

▲東急東横線で試運転する10000系1次車(東急菊名〜妙蓮寺にて)

▲前面デザインから金線が無くなった(東急多摩川にて)

 副都心線開業と、老朽化・ホームドア対応などのために置き換えとなった7000系の後継車両として2006年にデビューした。05系をベースとしながらも大きく丸みを帯びた前面と、広く快適な客室内など「新生・変革」をコンセプトとした車両である。製造次車で前面の金帯がないなど一部仕様が異なる。
 営業線区が有楽町線・副都心線から直通する西武池袋線(飯能)、東武東上線(森林公園)、また東急東横線・みなとみらい線(元町・中華街)まで埼玉から神奈川県の広範囲で運行される。
 2007年グッドデザイン賞受賞。

主要諸元
編成 5M5T10連
(4M4T8連で運転していたときもある)
主要制御装置 VVVF制御(1C4M2群・1群/三菱IGBT)
主電動機出力 165kw
最高速度
120km/h
運用線区
東京メトロ有楽町線(和光市〜新木場)
東京メトロ副都心線(和光市〜渋谷)
西武有楽町・池袋線(小竹向原〜飯能、西武球場前)
東武東上線(和光市〜森林公園)
東急東横線(渋谷〜横浜)
横浜高速鉄道みなとみらい線(横浜〜元町・中華街)
製造初年度 2006年度(平成18年度)
所属区
和光検車区

戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO