8000系
series 8000

▲東急田園都市線を走る8000系(つくし野にて)

▲8000系リニューアル車(東急溝の口にて)

車内 座席 ドア
リニューアル車車内 仕切り板も更新。
スタンションポールも設置
新たに設置されたLCD


 営団地下鉄(現東京メトロ)初めてのワンハンドル電車。半蔵門線部分開業当初は営団は車両を持っておらず、東急の車両を借りていたが、輸送需要激化で新造された。元8両編成だった車輌は10両化に合わせて 6・7号車が05系に準じた車輌を埋めている。現在全列車10両。近年はリニューアル工事が進み、車内のLED・LCD案内表示器の設置や、ドア窓の大型化・空調室外機の交換などが進んでいる。

主要諸元
編成 チョッパ車は6M4T
更新のVVVF車は5M5Tの10連
主要制御装置 チョッパ制御
更新車はVVVF制御(三菱IGBT)
主電動機出力 チョッパ車:160kW
更新車:165kw
最高速度
120km/h
運用線区
東京メトロ半蔵門線
東急田園都市線
東武伊勢崎・日光線(押上〜久喜・南栗橋)
製造初年度 1981年度(昭和56年度)
所属区
鷺沼検車区

戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO