小田急電鉄

5000形



 
 
 
 
 
 
 
 

▲5000形 小田原線 鶴川にて 
(撮影:すぎさん)

5000形は9000形より前に出たグループと後に出たグループに分けられます.
前者は2段窓・4連でしたが,後者は製造当時から冷房が搭載されたため1段下降窓
そして10両運転開始にともない6連の増備が行われました.これを5200形と呼ぶこともあります.
現在はリニューアル工事が施され車内はすっきりとしたものになっています.

主要諸元

編成 4M 4連 4M2T 6連 8M 8連
主要制御装置 抵抗バーニア制御
主電動機出力 135kW
最高速度 100km/h
運用・用途 全線全通勤運用可能
製造初年度 1969年度(昭和44年度)
所属区 喜多見検車区

写真館へ戻る.

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO