東京メトロデジタル列車無線導入計画





 東京メトロの平成28年度(第13期)事業計画において、列車無線のデジタル化が発表され、銀座線にて供用を開始するとある。
 また、「東京メトログループ中期経営計画 東京メトロプラン 2018」には次の通り記されている。
 “列車無線を誘導無線方式からデジタル空間波無線方式にすることで、ノイズの影響が低減され通話 品質が向上するとともに、必要な指令を必要な列車毎に送ることが可能となり、列車運行の安定性が 高まります。順次、全路線へ導入していきます。

 東京メトロは南北線でSR無線が使用されている他は各線IR無線が使用されており、雑音・ノイズが入ったりするなどの問題が発生している他、老朽化、多頻度化、情報伝達の点からデジタル化を進めるものと思う。 2016年春現在で千代田線・東西線のように三菱製JRデジタル列車無線を積んでいる列車はあるものの、私鉄他社直通運転の点から互換性を持ったものを採用するのでは無いかと思われる。
→(追記)東京メトロではデジタル列車無線システム共通仕様書に基づいた仕様の無線機を採用している。

 2018年9月現在、銀座線1000系には日立国際製のデジタル列車無線が、千代田線16000系と有楽町・副都心線10000系、日比谷線13000系には三菱製が取り付けられている。

●東京メトロデジタル列車無線導入計画2●銀座線1000系日立国際製無線機換装車
→●東京メトロデジタル列車無線導入計画3●日比谷線13000系NEC製無線機搭載車
●東京メトロデジタル列車無線導入計画3-2●日比谷線13000系三菱電機製デジタル無線換装
●東京メトロデジタル列車無線導入計画4●千代田線16000系三菱電機製デジタル無線換装
●東京メトロデジタル列車無線導入計画4-2●千代田線デジタルSR、IR併用開始?
●東京メトロデジタル列車無線導入計画5●有楽町線・副都心線デジタルSR、IR併用開始

  ※2017年4月加筆
 2017年3月27日発表の「平成29年度事業計画」において、千代田線、有楽町線、副都心線においてデジタル列車無線の導入が発表となりました。どちらの路線も現在誘導無線が使われていますが、通話品質向上と機能追加を目的に整備・導入されるようです。
 今後発表されていない他線でも順次デジタル化されると思われます。
 
 ※2018年4月加筆
 2018年3月26日発表の「平成30年度事業計画」において、有楽町線、南北線、副都心線においてデジタル列車無線の導入が発表となりました。平成29年度事業計画において有楽町線・副都心線のデジタル化を昨年度供用開始とありましたが、2018年4月時点でデジタル列車無線を搭載したメトロ車はまだありません。

 なお、列車無線デジタル化と別に、丸ノ内線(方南町線)にてCBTCシステムの走行試験が、東西線にて車両データ無線転送システムの導入が2018年度に計画されています。
 
 ※2018年7月加筆
 2018年7月27日にネット情報ですが、有楽町線・副都心線用10000系10106Fがデジタル列車無線を取り付けて営業運転を開始した模様です。無線機は16000系同様三菱製が採用されています。

 ・・・16000系・13000系搭載デジタル列車無線をNEC製と表記していましたが、三菱電機製と判明したため訂正いたします。

路線名 現状 メーカー
銀座線 IR/D-SR併用 日立国際
丸ノ内線 IR  
日比谷線 IR 三菱
東西線 IR  
千代田線 IR/D-SR併用 三菱
有楽町線 IR/D-SR併用 三菱
半蔵門線 IR  
南北線 SR  
副都心線 IR/D-SR併用 三菱

プレスリリース:
 東京地下鉄(株)「平成28年度(第13期)事業計画」(pdf)
 http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/scheme/pdf/plan_h28_1.pdf

 東京地下鉄(株)「平成29年度(第14期)事業計画」(pdf)
 http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/scheme/pdf/plan_h29_1.pdf

 東京地下鉄(株)「平成30年度(第15期)事業計画」(pdf)
 http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/scheme/pdf/plan_h30_1.pdf

2016/07/12
2018/07/31改



戻る
Copyright(c) Kamatetsu All Rights Reserved.
SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO