東急のデジタル列車無線搭載について

〜デジタル対応車上局設置について〜



 東急電鉄ではデジタル列車無線の導入について2017年8月時点では何も発表はないが、NEC製デジタル列車無線車上局を搭載した車両がでている。直通先の東京メトロ・東武鉄道が全線でデジタル化が決定しており、また将来の導入見込みやメーカー側の都合もあると思われる。

 なお東急営業車両での最初の取り付けは2014年夏頃に池上線・多摩川線の1000系、その後東横線5177Fが工場出場時に、大井町線の車両にも2017年7月末より取り付けられています。

 また、新型車両2020系・6020系では工場出場時の段階でデジタル無線準備工事がされています。
 
 池多摩線1000系。

02ch。

無線機本体。他社と同じSDR無線と思います。1000系。


各線のチャンネル表示はこの通り。上段は5050系、下段は9000系。


9000系にも取り付けられました。
 
〜「東急のデジタル列車無線搭載について」2へ〜

東急アナログSR無線の移り変わり


8000系


7700系



8500系。




9000系。


3000系。
 
 余談ですが、東急の列車無線の歴史において、1973年末にNECとの共同開発し導入された「個別選択方式列車無線システム」が現在の所謂NEC型列車無線の基となっています。指令側が移動局を個別または一斉で呼び出せ、且つ復信式により一般電話と同じように通信できるようになった当時としては画期的なシステムでした。本システムについての詳細は、「日本電気技報」(通号 112、 1974.11)に掲載されています。

〜「東急のデジタル列車無線搭載について」2へ〜
2017/08/09初
2018/05/17改
戻る
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO