【首都圏在来線デジタル列車無線化について】



 JR東日本は、在来線の列車無線が経年による老朽化の上、情報伝達など必要性などから、首都圏管内のJR各線の列車無線をデジタル化することになった。
2007年8月26日に山手線でデジタル化したのを皮切りに、2010年7月(計画では2009年度中まで)に計画路線全てでデジタル化を完了した。

●首都圏在来線デジタル化移行状況●
線区 路線名 移行日 ch
1号線区 山手線 2007/08/26 A8→D7
2号線区 埼京線
川越線
常磐緩行線
南武線
相模線
鶴見線
京葉線
高崎線
2009/01/25 3
3号線区 東海道線
常磐線
高崎線
東北貨物線
山手貨物線
五日市線
内房線
2009/07/19 4
4号線区 東北線
中央線
総武線
成田線
武蔵野線
東海道貨物線
2009/10/11 2
5号線区 横須賀線
総武快速線
八高線
外房線
2010/01/17 1
6号線区 京浜東北線 2010/04/04 6
7号線区 中央緩行線
総武緩行線
横浜線
武蔵野線
青梅線
2010/07/04 5
旅客一斉情報装置 2010/07/09 A7
 旅客一斉ch(旅客一斉情報装置)は従来のアナログの音声のみから、デジタル化に伴い音声データとデータ送信を共有する。(指令側から車両側への運行情報と車掌用ATOS(運行把握モニタ)、車両側から指令側への車両故障管理)

(参考:『2007年電子情報通信学会総会大会 B-5-2 在来線デジタル列車無線を使用したアプリケーションシステムについて〜アプリケーションの特徴を考慮した無線回線の使用方法〜』)

戻る
Copyright(c) Kamatetsu All Rights Reserved.
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO