回線数の増加




 デジタル化することによって、従来の1線区2回線(旅客一斉を含む)から同4回線に増え、音声の他データ通信も行うようになりました。

(左側が従来のアナログ無線、右側がデジタル無線)

 JR東日本公式HP『「在来線デジタル列車無線システム」の導入について』を参照すると、列車個別通話が可能のようである。従って、音声による個別列車への通告などは個別呼び出しによって行われるものと思われる(が、基本的には一斉呼び出しだと思われる。)。
 制御/データチャンネルと、旅客一斉/データチャンネルでは、通告伝達、運行情報、車掌用ATOSシステム、列車情報、車両故障管理のデータが送受信される。個別具体的なものについては後日ページを作成する。

*参考*
JR東日本|「在来線デジタル列車無線システム」の導入について
(http://www.jreast.co.jp/press/2007_1/20070706.pdf)

2007年電子情報通信学会総合大会B-3-13
在来線デジタル列車無線を使用したアプリケーションシステムについて(4)
〜同報通信サーバにおけるデータ転送の仕組み〜


戻る
Copyright(c) Kamatetsu All Rights Reserved.
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO