特集第16回

うじなの出撃!!E233系営業運転開始編

 

 

(東京にて)

 

E233系とは?
老朽化の進む中央線(快速)の201系、京浜東北線の209系置き換えや
主要機器の二重化による輸送障害低減などを目的として

2006年12月26日に中央線(快速)に営業投入された一般型電車です。

この特集では営業開始時の中央線(快速)に投入されたE233系について取り扱っています。  

また、運転区間は東京〜高尾、大月、河口湖・青梅、奥多摩・武蔵五日市・八高線高麗川です。

 

E233系営業運転に最初に充当されたのは、9月21日に逗子から豊田電車区へ回送されたH43編成で
(この時の甲種回送については13回特集をご覧下さい)、豊田発5:10の528Hで運行しました。
また、その後、東京→高尾(629H)、高尾→東京(728H)、東京→豊田(925T)と運転し、豊田で車庫へ入庫しました
(その後は、別の編成が運用に入ったようです)。

 

なお、最初の528Tでは、国分寺駅でのドア開閉トラブルで5分ほど遅れて東京駅に到着しました。

また、東京発豊田行きで運行されましたが、予定では武蔵小金井行きで運行される予定だったようで、
運用が緊急に変更されたようです。

  

H43編成 編成表

 

編成 2M2T、4M2T

←高尾・青梅

 

<            >

 

 

 

 

<            >

→東京

クハE232

-43

モハE232

-601

モハE233

-601

クハE233

-501

クハE232

-501

モハE232

-243

モハE233

-243

モハE232

-43

モハE233

-43

クハE233

-43

+

 

 

±

±

 

 

 

 

+

 

営業運転開始後の車内装備

 

前面LED

 

 

上 中央線E233系前面LED  下 比較用常磐線E531系前面LED

 

LEDの様式はE531系に似ているといったところで、相違点はフルカラーLEDになっていることくらいでしょうか。
また、行先を除いた表示もできるようです(路線表示はできないようです)。 
従来の201系とは違い、快速表示がなされています。テールランプはE531系同様、前面LEDで発光しています。

 

側面行先表示

 

上 中央線E233系側面LED  下 比較用常磐線E531系側面LED

 

こちらも、様式は同じですが、上右の写真のように2段LEDとなり、停車駅表示も可能です。
また、E531系とは違い路線のみの表示はできないようです。
その他、従来とは違い快速表示がなされています。

 

車内表示機

 

山手線E231系500番台同様、右は次駅表示、左は広告となっています。
なお次駅表示ですが、下の写真のように路線図の表示もありました(立川以東・以西と別に表示しています)。

 

 

優先席

従来の車両と異なり、床色を赤系統の色にしています。

 

その他

ドア開閉

音は山手線E231系500番台の音に近い音で、
E531系同様、開閉時ドア上部が赤く点滅します。
なお、押しボタンは見た限り使用されていないようでした。

 

モーター音

独特なものですが、どちらかといえばE231系500番台の音に近い(?)感じでしょうか。

 

座席

E531系など従来のものに比べ、柔らかい座席になっています。

 

自動放送

声はE231系近郊形と似ているもので、
英語自動放送では「Left」と「Right」の違いがハッキリしていました。

 

なお、出撃したうじなは東京・豊田間、乗車しました。
感想ですが、E531系に乗っているようで、E231系500番台にも乗っているような変な感覚でした。

 

  ※このページの画像の無断掲載は禁じます。

戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO