第5回特集

シリーズ「消え行く古豪」 第1弾「相模鉄道新6000系電車」
このシリーズでは、消えて行く車両たちを扱っていきます.
 

相模鉄道新6000系とは?

相模鉄道(以下相鉄と略)初の20メートル級新車「6000系」のモデルチェンジ型で、1970年より製造され、計70両に及ぶまで増備されました.
旧6000系との大きな違いは

で、旧6000系と共に、相鉄の主力の座に君臨しました.(当時の中小私鉄がここまでやるとは…)
 

ほ〜んのちょっと前の新6000系の姿

新6000系は旧塗装復活以来、全編成が違う塗装をまとうようになりました.(すべて,鶴ケ峰ー西谷間にて)

・相鉄ジョイナス開業以来続く標準塗装車
 

・車内が写真展会場のグラフィックカー「アートギャラリー号」
・横浜の町並みが描かれたグラフィックカー「緑園都市号」     
(この日は、雪でダイアが乱れていたため、久しぶりに新6000系の快速運用を見ることができた)
・2002年冬,創立85周年を記念して復活した旧塗装 


と、旧塗装車まで登場し、まだまだ大丈夫かと思ってたら…
 

ダイア改正以降・現在の新6000系の姿

読みが甘かった…ついに、全車が運用を離脱してしまいました.上の旧塗装の写真を撮った日を最後に、定期運用が終了してしまいました.
理由は老朽化と、2003年8月23日のダイヤ改正によって列車数が減るため、あまった7000系10連をばらして8連にしたため、
新6000系がいらなくなったこと.すなわち車両余剰です.

休車のための回送作業はダイヤ改正3日前の20日より予備車をフル稼動させて行われました.
まず20日には,標準塗装車とアートギャラリー号が厚木へ.
そして,21日(上の旧塗装の写真を撮った日)には旧塗装と緑園都市号が星川へ回送されました.
結果,改正前日よりの1群運用(8両編成)は7000系8両編成と10000系8両編成のみとなってしまいました.
(余談ですが,この8連の7000系には4M4Tの編成と,6M2Tの編成があります.後者は物凄く加速が早いです.運転手にもよりますが)

しばらく留置されていた新6000系ですが,11月2日に「さよなら運転」が実施されることに.
旧塗装と、緑園都市号のみでしたが,多くの人でにぎわいました.私は別の用事で出撃できず…(泣

それでも,5日,星川にヘッドマークをつけたままの新6000系が留置されているのを見たので,7日にいざ出撃.
しかし…ヘッドマークはついていませんでした.(泣
でも,運用当時とはまた違う今の姿をカメラにおさめてきました.

形式写真としてご覧ください.

 クハ6700形です.
横浜よりの先頭車で,つい先日までさよならHMがが付いていたのですが…
 モハ6300形(奇数号車)です
ユニットの横浜よりで,抵抗器などの主要機械を搭載します.
 モハ6300形(偶数号車)です
ユニットの海老名・湘南台よりで,CPやMGなどの補機類を搭載します.
もうあの甲高いMG音も聞けなくなってしまいました…
 クハ6500形です.
海老名・湘南台よりの先頭車で屋上には無線アンテナを載せています.

新6000系の台車です
多分,細かく言えば,この類のものをはいているのは相鉄だけと思われます.
でも、しばらく走らせないだけでこんなにディスクブレーキがさびるものなんですね。
上がクハ用・下がモハ用で、直角カルダン(これまた珍しい)空気バネ仕様の
パイオニア台車です.

この新6000系,星川と厚木にいますが、近く廃車になると思われます.(無償譲渡の引き取り先がない場合)
撮るなら本当に今のうちです!
 

その2(旧塗装以外の休車写真と解体現場をのせようかと思います.)

特集トップヘ


 
 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO